大阪日豪協会からのお知らせ

大阪日豪協会-Japan-Australia Society of Osaka
大阪日豪協会のイベントや活動についてブログ形式でご案内いたします。
第24回 大阪日豪協会サマーナイトパーティーのご案内
大阪日豪協会主催・関西日豪協会協賛 

第24回 大阪日豪協会サマーナイトパーティーのご案内 

大 阪 日 豪 協 会 会長 富田 勇一 

拝啓 初夏の候、皆々様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 

さて、今年も、恒例の「大阪日豪協会サマーナイトパーティー」を 下記のとおり開催いたします。 

今年も盛りだくさんのイベントを企画しておりますので、 

慌しい日常をひと時忘れて、 暑い夏の夜のパーティーをお楽しみください。 

ご多忙とは存じますが、ご家庭、ご友人をお誘いの上、 

是非ともご参加くださいますよう お願い申し上げます。 

敬具 

日 時: 2014年7月15日(火)
午後6:45〜8:45 【受付6:15より】 

会 場 ウェスティンホテル大阪 4F 『花梨の間』
〒531-0076 大阪市北区大淀中1-1-20 TEL 06-6440-1111 

プログラム 
・音楽(ジャズボーカルの予定)
・ラジャ圭世岡田ミュージックin奈良 
・企業協賛による“とるぞう”『お楽しみ抽選会』等 

会 費 
会員 7,000円 
ビジター 7,500円 
留学生 3,000円 
日本人学生 4,000円 
申込締切日 7月4日 (金) 

お申込方法
参加申込書に楷書にてご記入の上、事務局宛FAXでご返送下さい。 

郵送の場合、当日消印有効とさせていただきます。 

お支払方法
当日の混乱を避ける為、7月10日(木)迄にご入金下さい。 

振込先銀行 三菱東京UFJ銀行 梅田支店 普通癸毅坑沓械隠械 大阪日豪協会
*手数料は各自ご負担下さい。 

現金書留 大阪日豪協会事務局宛 
〒541-0048
大阪市中央区瓦町3-3-10 ニッケビル11階 
TEL 06-6205-6618 

ビジター(非会員)の皆様へ
第24回サマーナイトパーティーの参加には、
会員様のご紹介が必要です。
ビジターの皆様で参加を希望される場合は
大阪日豪協会事務局(06−6205−6618)まで
お問い合わせください。


| セミナー部会からのお知らせ | 12:40 | - | -
第78回ハローマイト懇話会について
今回はタスマニアフェローズ代表の 森村 豪様に
タスマニアの魅力についてご講演いただき、
ご講演後、食事をしながらご懇談と、
みんなで討論していただくことになりました。
地球の未来について大変興味深い問題を考えるこの機会に
皆様ふるってご参加ください。


日時 : 2013年9月28日 (土) 午後5時半―9時

場所 : 大阪大学中之島センター 4階 講義室 405
     (530-0005 大阪市北区中之島4-3-53
      電話 06-6444-2100)
     京阪中之島駅下車 徒歩5分 または
     市バス 53系統 JR大阪駅前から16:30乗車、
     「中之島4丁目」下車徒歩1分

会費 : 3,500円(「リーガロイヤルホテル大阪」の弁当込)
     当日会場でお支払いください。

演題 : 「タスマニアを科学すると地球の未来が変わる」
     講演の後、グループで地球の未来について討論。

講師 : 森村 豪 氏 (タスマニアフェローズ代表)

定員 : 会場スペースの都合上、定員35名となっておりますので
     35名で締切とさせていただきます。

申込方法 :会員の方は、大阪日豪協会事務局までご連絡ください。
      電話・ファックス 06−6205−6618

ビジター(非会員)の皆様へ
      ビジターの皆様で参加をご希望される方は、
      大阪日豪協会事務局までお問い合わせください。
      電話・ファックス 06−6205−6618
JUGEMテーマ:地域/ローカル


| セミナー部会からのお知らせ | 16:20 | - | -
「第77回ハローマイト懇話会」報告

節目の77回ハローマイト懇話会は追手門学院大学・オーストラリア研究所との共催のかたちをとり
4月20日(土)追手門学院大学で行なった。参加者は会員・ビジター含め延べ30余名。

今回の講話は
「オーストラリア英語あれこれ」(Australian English: A Brief History and Synopsis )、
講師はBruce Charles 大阪国際大学講師。

昨年同じ講師による講話のいわば第二弾となったが、内容は前回の講話を敷衍しつつも

あたらしく親しい題材で、講師の最新の研究成果や英国のコックニー英語も盛り込み、豊富な内容。


途中映像・音声なども交え、また講話に沿ったレジメも配布され、お馴染みのWaltzing Matildaも全歌詞を披露、

その歴史的エピソード・背景の解説もあり、

また新しいTrue Blueも紹介されオーストラリア人のバックボーンであるメイトシップについても言及、

わかりやすく楽しめたとの参加者の声を得た。


当協会の「ハローマイト懇話会」に先立ち追手門学院大学の公開講座「オーストラリアを学ぶ」授業の

一環としての「オーストラリアの先住民の生活と文化」の講義が行なわれ、

オーストラリアの歴史など内容的にシンクロナイズする部分もあり、

参加者からはより理解が深まったと頷く感想が寄せられた。


講話の後は大学のカフェテリアで昼食。講師との質疑応答やシドニーから参加の会員や

ビジターなどそれぞれ懇親を深め、

そのあと希望者は追手門学院大学がほこるオーストラリア・ライブラリーを見学。

ライブラリー司書の説明を受けたり、開架式の室内で関係図書を紐解いたりしてリラックス、

さらに学内を散策する参加者、近くにある「古墳」まで足を伸ばす参加者など週末のひと時を過ごした。




| セミナー部会からのお知らせ | 23:39 | - | -
第77回ハローマイト懇話会のご案内
大阪日豪協会で長い歴史をもつ「ハローマイト懇話会」も今回で77回を迎えることができました。
これもこれまでの関係者の方々会員の皆様のサポートのおかげと
セミナー部会担当として御礼申し上げます。

今回は77回いわば喜寿の記念例会として追手門学院大学オーストラリア研究所との共催で
下記の通り茨木市の追手門学院大学での開催の運びとなりました。

追手門学院大学はわが国でも屈指のオーストラリア関係の図書を有する
オーストラリア・ライブラリーがありますが希望者には見学もアレンジしています。

名残の桜、まだ満開の八重の桜も期待できる陽春の一日、
摂津丘陵のふもとに位置する大学のキャンパスで、ひと時をお過ごしください。



日時:2013年4月20日(土)

場所:追手門学院大学(大阪府茨木市西安威2−1−15)(交通案内下記)

スケジュール(参加は全部でもどの一部でも可能です)
 9:30〜11:00 講義「オーストラリアの先住民の生活と文化」
(於:5号館6階5606号室)
 南出眞助国際教養学部長・教授の解説のあと三上賢治氏のディジュリドゥ演奏
(講義は大学の「オーストラリアを学ぶ」授業の一環として行われます。
 三上賢治さんはオーストラリア先住民音楽の研究家で、わが国有数のディジュリドゥ演奏家。
 アボリジニ音楽を生で聴く格好の機会です)
 
 11:10〜12:30 講話「オーストラリア英語あれこれ(第二部)」(於:将軍山会館)
(Australian English: A Brief History and Synopsis)
 講師:  Bruce Charles大阪国際大学講師
(昨年の講話につづく第二部。わかりやすい英語と親しみやすい内容で
  好評の第一部につづく第二部。前回の復習もあり今回からの受講でも十分理解できます)

 12:30〜13:15 昼食・講師との懇談 (於:大学カフェテリア)
  (豊富なメニューの追手門学院カフェテリアでランチを共にしながら懇談)

 13:20〜13:50 オーストラリア・ライブラリー見学
(オーストラリア大使館から寄贈の蔵書などわが国屈指のオーストラリア関連の蔵書・資料を有する)


会費:無料(いずれの参加も無料)
(ただし、昼食は有料・各自負担。日替わりランチ(500円)を軸にメニュー多数。
 ソフトドリンク、スイーツ、コーヒー、紅茶などもあります)

 
〔大学への往き復り〕
(1) スクールバス利用(土曜ダイヤ)(20分程度)
 登校便:JR茨木・阪急茨木市からそれぞれ同時刻発
 8:45 9:40 10:20 11:50(以後略)
(乗り場)
・JR茨木からの場合 イオン茨木ショッピングセンター前(茨木駅から徒歩8分)
・阪急茨木市からの場合 茨木市駅西出口前

大学発:13:30 14:30 15:30 16:30 (以前・以後略)
(乗り場)大学体育館前


(2) 阪急バス利用(JR茨木・追手門学院間210円)
(乗り場)
・JR茨木駅前3番バス乗り場
 8:20 8:45 9:45 10:45(阪急茨木市発10:35)11:45
・大学前発(略)

(3) タクシー利用 JR茨木・阪急茨木市から料金1500円〜1600円

(4) 自家用車利用 大学駐車場スペース十分あり(無料)
 
    ____________________________

*会員の皆様は、定期便で送付しました申込書で、お早めにお申し込み下さい。                        
募集人数25名。 (締め切り:4月10日)

*ビジター(非会員)の皆様へ
当ハローマイト懇話会の参加には、会員様のご紹介が必要です。ビジターの皆様で参加を希望される場合は大阪日豪協会事務局(06−6205−6618)までお問い合わせ下さい。

| セミナー部会からのお知らせ | 00:47 | - | -
新年懇親会2013のご案内。
http://osakanichigo.com/pdf/2013newyear.pdf

2012年12月吉日
大阪日豪協会 文化交流部会
大阪日豪協会会員各位  


拝啓 
皆様におかれましてはますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。
 さて、来年も恒例の新年会を下記の通り開催致します。

昨年、大好評でした「Australian Wine & Foods Party」スタイルです!

今回もヴィレッジセラーズ様にワインをセレクトしていただき、
オーストラリアワインの選び方、飲み方、今回のワインの話などを
ご案内していただきます。

サロン・ドゥ・アヴェンヌさんの素敵なサロンでオリジナルのお料理と
美味しいオーストラリアワインを頂きながら、皆様と共に素敵なひと時をお楽しみ下さい。 

                                      敬具
                   記

場 所 : サロン・ドゥ・アヴェンヌ

〒530-0003大阪市北区堂島1-1-5 梅田新道ビルB1F 
マップ
http://goo.gl/maps/quB9J

TEL:06−6344−0939 
    
日 時 : 2013年1月18日(金)   受付 17:30   開始18:00〜20:00まで

会 費 : お一人様5000円(税込)

会費に含まれる飲み物はワインとソフトドリンクのみです。
      その他のアルコールは別途料金となりますのでご了承ください。

*当日受付にて前払い現金にてお願い致します。

料 理 : ブッフェ形式

予定参加数 : 40名(先着順) 
*定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

申込締切日 : 1月11日(金)まで 
*尚、キャンセルはお料理の関係上、当日の4日前にお願い致します。

*このハローマイト懇話会の出席には、会員様の紹介が必要です。
非会員様は、事務局までお問い合わせ下さい。  
大阪日豪協会事務局 電話&FAX 06−6205−6618
| セミナー部会からのお知らせ | 10:20 | - | -
第76回「はろーまいと懇話会」
第76回「はろーまいと懇話会」開催される            
                          大阪日豪協会
                          セミナー部会

掲題懇話会は76回をむかえ11月23日(金)御堂筋淀屋橋近くの朝日生命館
6Fの阪南大学サテライトで行われた。

「オーストラリアで働いてみて――2012年夏の体験」のタイトルのもと
夏休みを利用して1ケ月のシドニー滞在をして現地の各職場での様子、
ホームステイ先での家族とのふれあいなどの体験談を語った。

18:00から20:00が学生による報告、参加者からの質問・コメント。

参加者は熱心に学生の報告を聞き、質問や意見を述べ活発な懇話会となった。

学生による報告のあと近くの食事処に移動してさらに学生と参加者の交流が行われた。

当日は祝日、3連休の初日だったが、京都、神戸方面からのビジターも含め

24名の参加者があり、大学側は教授(伊田教授(本協会理事)榎戸教授)と

学生あわせ9名の出席で懇親会も終電車ぎりぎりまでディスカッションのグループもあり、

学生・社会人お互いの理解も深まった。



JUGEMテーマ:地域/ローカル


| セミナー部会からのお知らせ | 23:26 | - | -
第76回 ハローマイト懇話会のご案内
標記について下記の通り開催しますので奮ってご参加ください。

【日時】 2012年11月23日(金) 18:00〜20:00  
【会場】 阪南大学 サテライト(中小企業ベンチャー支援センター) 
      (地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」12番出口すぐ 大阪朝日生命会館6F)
<プログラム>
【開場】17:30〜 受付17:40〜18:00
【学生による報告】 「オーストラリアで働いてみて−2012夏の体験」
 阪南大学学生 

(内容) 毎年恒例、今年で第4回目になります。

阪南大学で実施されている豪州インターンシップ(企業体験)に参加した学生たちに、

オーストラリアでの体験(2012)を語ってもらいます。

ビジネス場面での英語や文化の違いなど、学生たちはさまざまな壁にぶつかりながら

日本の夏休み(豪州は冬)を利用して、シドニーで約1ヶ月間の海外生活を送りました。

就業体験を終えて、彼らは何を感じたのだろうか。楽しいスライド写真を交えながら、

生き生きとした新鮮な声を聞く。

* プレゼン各10分(×8名) 質疑応答各5分程度
(セミナー) 参加費 : 無料

【懇親会】 20:10〜22:10  「笑笑」淀屋橋駅前店
(懇親会) 参加費 : 3500円 (学生2500円) コース料理&飲み放題

上記懇話会に参加を希望される方は、事務局宛て(電子メールnichigo@herb.ocn.ne.jp
または TEL/FAX:06−6205−6618)にお知らせ下さい。

その際、「セミナーだけ出席」、「セミナーと懇親会の双方に出席」、
と分けてお申し出下さい。

11月16日を参加受付の最終締め切りとさせていただきます。

<会場アクセス> 
所在地 〒541-0043
大阪府大阪市中央区高麗橋4-2-16
大阪朝日生命館6F


大きな地図で見る


<非会員の方は、会員様のご紹介が必要です。事務局までお問い合わせ下さい。>
大阪日豪協会 事務局 電話&FAX 06−6205−6618

JUGEMテーマ:地域/ローカル


| セミナー部会からのお知らせ | 18:21 | - | -
75回ハローマイト懇話会のご報告
第75回ハローマイト懇話会は9月6日(金)夕刻神戸の磯上邸で行われ、

31名の参加のもと、講師のシンディー・ルネバーグさんのカジュアルトークを聴き、

質疑応答のあと、会員からのスピーチもあり、会員相互の交流も深め、ひと時を過ごした。

今回は講師の卓話のタイトルが「神戸と私 そして関西」また講師が神戸協会会員、

会場が神戸のため神戸日豪協会にも参加をお誘いしたが、神戸協会から9名、

大阪協会から20名(シドニー支部1名含め)と計31名の出席となった(講師&総領事館員1名)


卓話はシンディーさんの日本とのかかわりを軸に話が進められ、

現在神戸住まいの一方、週末には淡路島で過ごしているなど披露あり、

パワーポイントの画像・映像とあいまってビジュアルなトークとなった。


シンディーさんの話の後、関連質疑応答、地元地理研究家の河合さん

(神戸協会&大阪協会)から会場の所在地にからむ推移の紹介、

またシドニーから一時帰国中の永田支部長のシンディーさんの話に敷衍しての

最近の豪州のトピックスなど紹介あり、

参加者一同、神戸ならではのサンドイッチやナゲットで空腹を満たしたのち

ケーニヒス・クローネのケーキと珈琲、紅茶を楽しみながら懇談を続けた。

JUGEMテーマ:地域/ローカル


| セミナー部会からのお知らせ | 18:16 | - | -
74回ハローマイト懇話会 「オーストラリア英語あれこれ」とアフタヌーンティー
大阪日豪協会の行事の中でも長い歴史をもつ「ハローマイト懇話会」も74回目となりました。

年度最終の行事として、「オーストラリア英語あれこれ」の講話が3月30日(金)、
ウェスティンホテル大阪で行なわれました。

月末さらに年度末の金曜日と何かと忙しい日程のなか30余名が参加して、
日豪協会員にとって身近な豪州英語について学びました。

今回のスピーカーは大阪国際大学のBruce Charles講師にお願いしました。
先生の祖父母はヨーロッパ出身、自身はオーストラリア生まれのオーストラリア育ち。
普段、大学で講義をしているだけあって、講話の進め方も抜群、
先ずはことばの背景にあるオーストラリアを理解するために豪州の歴史を敷衍。

つづいてWombat Quizと称して、参加者に謎なぞを提示。その国民性をさらに認識させ、
つづく講話への関心を深めさせる導入部へ。
本論では豪州英語の歴史、様相、特徴など、事例を挙げて具体的に説明され、
的確な英語による講義に参加者もじっと耳を傾けていました。

言語体系としての表われについては「綴り」「発音」など英国英語との対比や、
近時のアメリカからの影響による米国英語との対比などわかりやすい説明でした。

内容の豊富さでは大学の講義の数回分におよぶところを、
ここ大阪日豪協会のセミナーでは一度で聴くことが出来たと感嘆しきりでした。

今回の講話は会場前面のスクリーンにパワーポイントによる画像が次々と映し出されて
受講者の便宜が図られていました。

豪州英語のスラング紹介ではうなずきながらメモを取る人あり、
一方では次の豪州旅行に早速使いたいとの声ありでした。

最後に、豪州英語のスラングに関するクイズが出され、
参加者から名回答、珍回答、迷回答など続出、肩の力を抜いての
楽しい懇話会となりました。

小休憩の後は珈琲、紅茶とケーキを楽しみながら、
講師との質疑応答、参加者の感想、コメントからフリートーキングに移り、
午後のひとときを大満足で過ごした後、夕暮れの迫る街へと散会しました。

JUGEMテーマ:地域/ローカル


| セミナー部会からのお知らせ | 18:06 | - | -
第73回ハローマイト懇話会開催される
第73回ハローマイト懇話会は11月18日(金)
夕刻から地下鉄淀屋橋駅近くの朝日生命館にある阪南大学サテライトで開催。
交通至便の場所とあって定刻18:00には勤め帰りのビジターを含めほぼ全員が集まり、
阪南大学の学生による豪州インターシップの報告が始まった。
今回のテーマは「オーストラリアで働いてみて−−2011夏の体験」

学生たちは夏休み(南半球の豪州では真冬)を利用してシドニーで5週間を過ごし、
その間ホテル、旅行社やカフェ、宝石店などさまざまな職種の就業を体験し、
その間の苦労話やオーストラリアの印象など実地に生活・経験した滞在記を語った。

国際インターンシップと題した報告は14名の学生が分野別に10のグループとなり、
伊田昌弘経営情報学部教授(当協会理事)のリードで順次発表。

会員・ビジターや大学関係者など総勢30名を超える聴講者のもとやや緊張気味だった発表者も
教授のタイミングのよい進行で、次第に雰囲気にも慣れ、オーストラリア事情に精しい会員からの
質問にも適宜受け答え、会場の出席者も耳を傾ける。
また質問者からの敷衍コメントにビジターの参加者も日豪協会ならではと感心。

各学部からの訪豪学生、また体験先も多種多様に亘ったが、
オーストラリアの人々の「働く」姿、「余暇」を過ごす姿に実際に接し多くを学んだ模様。

また各報告者から異口同音に語られる滞在先の関係者から受けたフレンドリーな経験に
座席の協会会長、副会長はじめ協会会員からも、
まさに大阪日豪協会の日ごろのスローガンを具現したものとうなずく。

司会・進行の教授の好リードで休憩を挟み2時間で発表は終了、
日豪協会副会長から感想・講評があり、今度は発表の学生が真剣な表情で聞き入る。

そのあとは会場を近くの食事店に移し、学生・参加者打ち解けて第2ラウンドの交歓が
週末の市中で晩くまでつづいた。

以上

JUGEMテーマ:地域/ローカル


| セミナー部会からのお知らせ | 14:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE