大阪日豪協会からのお知らせ

大阪日豪協会-Japan-Australia Society of Osaka
大阪日豪協会のイベントや活動についてブログ形式でご案内いたします。
<< 第77回ハローマイト懇話会のご案内 | main | 第23回 大阪日豪協会サマーナイトパーティーのご案内 >>
「第77回ハローマイト懇話会」報告

節目の77回ハローマイト懇話会は追手門学院大学・オーストラリア研究所との共催のかたちをとり
4月20日(土)追手門学院大学で行なった。参加者は会員・ビジター含め延べ30余名。

今回の講話は
「オーストラリア英語あれこれ」(Australian English: A Brief History and Synopsis )、
講師はBruce Charles 大阪国際大学講師。

昨年同じ講師による講話のいわば第二弾となったが、内容は前回の講話を敷衍しつつも

あたらしく親しい題材で、講師の最新の研究成果や英国のコックニー英語も盛り込み、豊富な内容。


途中映像・音声なども交え、また講話に沿ったレジメも配布され、お馴染みのWaltzing Matildaも全歌詞を披露、

その歴史的エピソード・背景の解説もあり、

また新しいTrue Blueも紹介されオーストラリア人のバックボーンであるメイトシップについても言及、

わかりやすく楽しめたとの参加者の声を得た。


当協会の「ハローマイト懇話会」に先立ち追手門学院大学の公開講座「オーストラリアを学ぶ」授業の

一環としての「オーストラリアの先住民の生活と文化」の講義が行なわれ、

オーストラリアの歴史など内容的にシンクロナイズする部分もあり、

参加者からはより理解が深まったと頷く感想が寄せられた。


講話の後は大学のカフェテリアで昼食。講師との質疑応答やシドニーから参加の会員や

ビジターなどそれぞれ懇親を深め、

そのあと希望者は追手門学院大学がほこるオーストラリア・ライブラリーを見学。

ライブラリー司書の説明を受けたり、開架式の室内で関係図書を紐解いたりしてリラックス、

さらに学内を散策する参加者、近くにある「古墳」まで足を伸ばす参加者など週末のひと時を過ごした。




| セミナー部会からのお知らせ | 23:39 | - | -